2019.11.12 NEW!! 成婚100組突破記念キャンペーン開始→入会金10,000円減額致します。(毎月、先着10名様限定)!
2019.11.12 婚活男性応援キャンペーン開始
入会金30,000円を無料にさせて頂きます。(大卒男性限定)
登録料30,000円を無料にさせて頂きます。(医師・弁護士・公認会計士・税理士・司法書士・大学教授・上場企業勤務の男性)
2019.11.12 親御様向け個別無料相談実施中(1時間)
2019.11.12 フリートライアル90日間無料体験コース好評受付中!!

「優秀家庭教師のエクセル」と業務提携

川西で結婚相談されるなら、エクセルマリッジへお電話ください。

エクセルマリッジは「優秀家庭教師のエクセル」と業務提携をしておりますので
京大・阪大・神大等の優秀大学卒業のエリート会員様 が多く在籍しております。

ブライダルコラム「社内恋愛」

出会いのチャンスが少なく婚活が増加傾向にある昨今ですが、意外に身近なところに出会いは転がっているものです。

その中でも同じ職場にいる人と恋愛関係になる「社内恋愛」は誰にとってもチャンスとなる可能性を秘めています。
実際、社内恋愛が実って結婚したカップルは全体の29%!
友人・兄弟姉妹を通じて(30%)に続く堂々の第2位なのです。

そんな社内恋愛、賛否両論ありますが、実際の所どうして多いのか、反対される理由は、賛成派の意見は?
ここではそんな社内恋愛の生の声から現状調査いたします。

社内恋愛が生まれやすい理由

実際に職場恋愛でお付き合いした経験 がある人は4人に1人。
現在進行中の人が約12%という結果からも、社内恋愛は実際有り得るケースの中でも高い率である事がわかりますが、そんなに生まれやすい理由は?

ほとんどの会社では勤務時間が8時間に設定されており、残業する事があればそれ以上。
一日24時間のうち3分の1かそれ以上を過ごす場所である上に、職場ではその人の素が出る場でもあり、同じ職場であるという事は共通の専門分野であったり、価値観が似ている可能性も高いと言えます。
上記のような条件が揃うだけで共通の土台はたくさん存在するわけですから、当然恋愛に発展する可能性も多いに秘めているという事になります。

賛成派?反対派?

しかし若手サラリーマン3人に2人は社内恋愛を希望しないという結果も出ており、絶対したくない、の回答も過半数。
その理由の7割は「社内恋愛をするとしたら結婚まで意識」する人が多いから。
「一回手を出したら、責任をとらねば」という意識が働いている可能性が高いと言えます。

その他、社内恋愛を奨励する企業も存在するかと思えば、禁止されている会社もあります。
実際その理由としては、セクハラやパワハラの予防対策であったり、同じ部署で場合チームワークを乱す可能性があるためとはっきりしていますが、実際問題ケンカしたり別れたり、社内に元カノや元彼が何人もいるという状況を考えると個々人でも社内恋愛を敬遠してしまうと考えられます。

実際社内恋愛をしている二人はお互いの関係を会社では隠す事がほとんどで、会社ではまわりに気付かれないようあえてそっけなくしている場合が多いようですが、二人の状況が社内に知られている場合の仲違いやそれに伴う仕事効率の低下は明らかに周りの人に悪影響を及ぼします。
どんなに割り切っていても、同じ会社だとケンカしている相方に毎日顔を合わせなくてはならないのも事実。
最悪なケースとしては、別れた後にどちらかが辞めなければならない可能性もゼロではありません。

上記のような理由から社内恋愛をするに際して注意すべき事が見えてくるかもしれません。
キッカケとしては悪くないものの、まわりや後々の自分、相手の事をよく考えて慎重に関係を保つよう努力する事が社内恋愛長続きの秘訣かもしれませんね。